• Emacs と Perl を使って,XML-RPC 経由で Movable Type のエントリを編集するツールを配布しています.良かったら持っていってください.( 2004/10/24 update) mapae logo
  • Movable Type で footnote*1 を生成する plugin を配布しています.良かったら持っていってください.( 2004/03/04 update )
  • その他の配布物等

*1: 脚注.よ〜するに,こ〜ゆ〜やつです.

mapae :: サムネイル作成機能

| コメント(0) | トラックバック(0)

mapae にサムネイル画像の作成機能を追加しました.Image::Magick *1 がインストールされていて,かつアップロードしたファイルが画像である場合は,サムネイルを作成するかを質問されます.

アップロード完了時には,アップロードされたファイルの URL がキルリングに格納されますが,これは mapae.ph で変数 $NEW_MEDIA_OBJECT_URL_FILTER を設定することにより変更できます.詳しくは mapae :: カスタマイズ変数 を見ていただくとして,私の場合は,画像の表示に Figure プラグインを使っているので,以下のようになるのが望ましいわけです.

hoge.png を /diary/archives/data/ にアップロード
<fig src="data/hoge.png" alt="" />
hoge.png とそのサムネイル hoge_tn.png を /diary/archives/data/ にアップロード
<fig href="data/hoge.png" alt="" />

というわけで,以下のような設定になります.

$NEW_MEDIA_OBJECT_URL_FILTER =
  sub {
    my %stat = @_;
    my $url;

    $url = $stat{ref_url} || $stat{url};
    if ( $stat{magick} ) {
      my $attr = $stat{ref_url} ? 'href' : 'src';
      $url =~ s!^http://nyam.info/diary/archives/!!;
      $url = qq(<fig $attr="$url" alt="" />);
    }
    $url;
  };

ご参考まで.

ちなみに,ActivePerl5.8 の ppm では Image::Magick が入れられないようですが,ImageMagickのバイナリをダウンロードしてきてインストールする際に「Install PerlMagick for ActiveState...」ってのを選択しておくと,とりあえずは問題なく使えるようです.こちらもご参考まで.


*1: この機能は,クライアント側で作成しますので,クライアント側にインストールされている必要があります.逆に言えば,サーバ側には入っている必要はありません.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://d.nym.jp/mt/trackback/1698

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

Author

nym <n...@nym.jp>
Powered by Movable Type 5.161-ja